考えるのは進むため。

人は「悩む」と思考がループします。


同じことをグルグルと考えてしまう。


誰にでも経験のあることでしょう。


もちろんワタシにもあります。


そんなとき、冷静に考えてみるとあることに気づきます。


それは、結局のところ、「なにも決断したくない」ということなのです。


決断するのが怖いという潜在意識が「決断させない」ために同じことをグルグルと回るように仕向けているのです。


つまり思考の中から「決断するための要素」を追い出してしまうのです。


当然、材料がないので決断できませんよね。


したがってグルグル回るのです。


そのことが理解できると、悩みは実は悩みではありません。


それは自分の意思で、決断を先延ばしにする儀式のようなものです。


そこから逃れるには「決断」することです。


もちろん、すべてが解決するような決断ができれば良いですが、なかなかそうはいきませんし、それができるならそもそも悩みません。


なので、とりあえず「状況を変える」ことを考えましょう。


それは良くも悪くもです。


短期的にみて悪くなったとしても状況の変化は、新たな「要素」を生み出します。


新たな「要素」を糧にさらに状況を変える。


これを繰り返せば、最初の状況と大きな変化が生まれ、おのずから危機を脱することができるのです。


考えるのは状況を前に進ませるためだけに使う。


そう。


この考え。


まさに


OODAなんですね。




47回の閲覧

© 2018by MAKAI PROJECT

エンタテイメント 人材育成 プロデュース MAKAI PROJECT info@makai-project.com 東京都