第62回目魔界を終えて。

本当にきつい1ヶ月でした。


終わってみれば、過去最高の動員数、過去最高といっていい盛り上がりをみせた第62回でしたが、最後の一瞬まで気の抜けない回でした。





今回は「機動」の回でした。


新しい魔界を生み出すための試金石。





中心的存在であった滝の方役の浦えりかさんが産休に入り、魔界はまさに新しい時代を模索するタイミング。


また、主演の志田くんの渡米も迫り、新しい体制づくりも急ピッチで進めなければなりません。志田くんは渡米後も勿論、魔界の主演はつとめますが、今までのような時間の使い方はできないので、チームの体制はしっかり構築し直さなければいけません。


ストーリーもいわゆる魔界第2世代の登場が始まり、大きな転換を図っています。





あらゆる意味で「機会を逃さず動く」必要のある回でした。


そんな中で、計算外の出来事が立て続けに起こり、ストーリーの根幹に関わる修正が必要になったり、小林さんが急遽、中国から帰国できなくなったりと、危機的状況が最後まで続きました。


里歩選手、紗良さん、野田さん、そして小林さんのピンチヒッターを引き受けてくれたJoe-Gさんと初登場の方も多く、一歩間違えれば崩壊してもおかしくない状況でした。





しかしながら。


魔界のチームの力強さは、この危機にあたって、本来の「最高の魔界をつくる」という目的を見失わず、最後の一瞬まで、集中力と修正力を損なわなかったことです。





チームの力に心から感謝です。


我々は、劇団でもなければ団体でもない(所属メンバーはいますが)。ジャンルも様々、年齢、性別も国籍も様々です。


そのメンバーが自分たちの「常識」に縛られず、柔軟性高く、そして厳しく自律をして動く。その形態はワタシが理想とする組織形態でした。





細かいレギュレーションを作らなくとも、皆が阿吽の呼吸で目的に向かって自走する。今回はその手応えを感じました。


と同時に。


それは魔界の可能性をさらに引き上げることになりました。





まだまだやれる。


アクションシーンの演出を担当わけで行なったり、音楽チームの細かい演出を榊原さんが担当してくれたり、改革が自然発生しています。





新メンバーが増え、キャラクターの生存競争が激しくなり、それは同時に常に良い緊張をチームに与えてくれています。





あとは我々、プロデュースチームが適切な方向と範囲を見定め、魔界を次の戦場に送り込まなければなりません。





その準備は急ピッチで行なっていきます。


まずは、来月!


まだまだ新キャラを投入!!!


第63回はもう始まっています。


次回は9月20日!


第63回魔界~貪食Gluttony




© 2018by MAKAI PROJECT

エンタテイメント 人材育成 プロデュース MAKAI PROJECT info@makai-project.com 東京都