プロフェッショナルということ。

第60回の魔界が来週に迫り、リハーサルを行いました。





魔界は毎月の公演、50人近い出演者ということもあり、なかなか全員が揃うことがありません。その分、一回、一回のリハーサルは貴重な場ということなるのですが・・・


ワタシは個人であれ、組織であれ、成長への一番の敵は「慣れ」だと考えています。


「慣れ」は回数を重ねるたびに蓄積され、「成功体験」とともに、行うことに対する負担を減らす代わりに質の低下を招きます。


ワタシが今まで見てきた一流の人は、100回やっても100回高いクオリティを保つことができる人ばかりでした。


かつてロッテの監督をしていたボビーバレンタインに話を伺う機会があったのですが、そこで興味深いことを仰っていました。


「イチローの凄いところは、1000回素振りをしてもそのルーティンの質が全て一流である。ただのひと振りも二流がない。新庄は、その身体能力はイチローより上だけど、ルーティンの質が二流か三流のレベル。それがふたりの差。」


これは大変示唆深い一言です。


リハーサルに参加するだけでなく、そこで常に本番と同じ質を求める。


それがプロフェッショナルというものです。


魔界の中ではAKIRAさんがずば抜けてその質が高いです。AKIRAさんが抜いているところをみたことがありません。


それをもっともっと吸収して見習うべき。


我々は、所属も分野も違う人間の集まりですが、それを「いいわけ」にしてはいけません。たった一度きりのショーを最高の状態で行わなければいけないのです。





リハーサル終わりに主役の志田くんにみんなに一言伝えてもらいました。


その言葉はみんなに届いたと思います。






世界中の一流は常に全力です。


常に全力という前人未到の体力と精神力があるから一流なのです。


天性の才能がいくらあっても「ムラ」と「慣れ」があれば、その才能はあっという間に腐ってしまうでしょう。逆に凡人であっても「継続する精神力」があれば天才に勝てるのです。


われわれはまだまだ二流。


一流、そして真のプロフェッショナルに!!





© 2018by MAKAI PROJECT

エンタテイメント 人材育成 プロデュース MAKAI PROJECT info@makai-project.com 東京都